周囲に高い障害物がある場合、風の流れの妨げとなり、その周辺に乱気流が発生します。乱気流は機械部品に荷重がかかる原因となり、部品の摩耗が早くなり故障や不具合の要因となります。そのため乱気流を避けるため最低「障害物の高さの2倍の高さ、距離で高さの10から20倍の距離」は離した場所に設置するケースがあります。